フコイダン肺がん治療
肺がん治療において、標準治療(西洋医療)を中心に闘っておられる方々が、抱える不安や悩みとは…
肺がん転移肺がんが転移しており、治療しても根治は出来ないと言われた。
副作用肺がん治療の副作用で肝数値が上昇し治療を中断、その間に進行しないか不安。
肺がん治療副作用抗がん剤治療での副作用を軽減したい。
肺炎肺がんが原因で肺炎を繰り返し、治療が行なうことができない。
非小細胞がん非小細胞がんは抗がん剤がききにくいといわれ病院の治療だけでは不安。
小細胞がん小細胞がんは転移しやすいといわれ、何としてでも転移を避けたい。
再発手術で取り切れたが再発することが多いといわれ、何としても再発は避けたい。
肺がん末期突然末期と告げられ、余命宣告をされた。
など、心身ともに切実なご相談を頂戴いたします。
肺がん治療法はまだあります
肺がん克服者から学ぶ、克服の「秘訣」とは!
リスクを予測し備える大切さと、知っておきたい治療法

私どもは、肺がん治療の改善率向上に値する治療情報を発信し、 肺がん治療法の選択肢において専門知識を持たない患者様やその御家族の指標となれるよう、努めております。
現状の治療効果に満足できない方や、将来への不安を抱いていた肺がん患者様が、私どもへのご相談を通じて「どのように肺がんと向き合い、克服したのか」を実例集として、その考え方や治療法など「克服者の声」をご紹介致します。

※当サイト記載内容の他にも、さらに詳しくご説明している資料をご用意しております。
 →<資料請求こちら>

肺がん治療における「現状と課題」

肺がんは、早期発見が難しく、また転移しやすいがんですが、下図は、「肺がん患者」と「がん患者全部位平均」を、5年相対生存率を進行度別に分けたものです。

「限局」「領域」「遠隔」と3段階に分けて、5年相対生存率を知る事が出来ます。いわば、標準治療単独で肺がんに闘いを挑んだ結果が、グラフに示された成果です。

肺がん5年相対生存率
グラフを見ても解るように、肺がんが限局に留まらず、ひとたび浸潤や転移が始まってしまうと、標準治療単独での肺がんの克服は非常に難しいのが現状と言わざるをえません。

したがって、肺がん治療において最も重要となるのは、いかに存在する癌細胞を切除・消失させ、以後の「再発」や「転移」を未然に防ぐ事ができるかが、克服への課題となります。

肺がん治療における「克服する為の考え方」



私どもは、肺がん治療においてその改善率を向上させるには、まず始めに「治療法に対する考え方」を改める事が重要になり、その後の治療効果を左右すると考えています。

  • 標準治療以外の、効果のある治療法はないのか?(標準治療と相乗効果のある治療法)
  • 標準治療のようにQOL(生活の質)を低下させず、むしろ向上させながら治療できるもの。

この2つの治療法選択への思考転換が、肺がん治療における改善率向上の「鍵」になり、改善率を向上させます。

肺がん治療改善克服イメージ

私どもへの相談者は全身状態もステージも様々ですが、標準治療単独での治療効果の限界を理解し、肺がん治療に対する考え方(取り組み方)を変えた事で、その治療効果はそれまでの西洋医療の常識を超える改善を示し、その効果は検査データや患者様の全身状態を見れば一目瞭然です。
肺がん克服の秘訣
肺がん治療News
  • 肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!2017/03/16

    肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!   治療との併用で新フコイダン療法を始められた方のお話をさせていただきます。 患者様は70歳代の女性で、お話をお聞かせいただいているのはお嬢様です。   …

  • ステージⅢの肺がんが縮小し、手術可能に!2017/02/17

    ステージⅢの肺がんが縮小し、手術可能に!   患者様は70歳代の男性で、お問い合わせをいただいたのは奥様です。 毎年受診されていた人間ドックで肺に影があることが判られ、詳しい検査で肺がんと診断されました。 ご病 …

  • 肺がん消失!期待の新フコイダン療法!2017/01/18

    肺がん消失!期待の新フコイダン療法!   患者様は60歳代の男性で肺がんの方です。 お食事が摂れなくなり病院を受診したところ、検査で肺がんの中でも腺がんと診断されました。 これまでにも喉の違和感や飲み込み辛くな …

  • 年末年始休暇について2016/12/22

    年末年始休暇について   誠に勝手ながら、下記期間を休業とさせていただきます。   ◆ 2016年12月28日(水)~2017年1月4日(水)   上記期間中の資料請求は1月5日(木)の発送 …

  • 新フコイダン療法で肺がん治療の副作用が軽減!2016/12/16

    新フコイダン療法で肺がん治療の副作用が軽減!   69歳女性、肺腺がんステージⅣの方です。 この方は、肺腺がんで縦隔リンパに転移があり、胸水貯留もあり、抗がん剤治療をされていました。 抗がん剤の副作用で食欲不振 …