肺がん統計データ - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

肺がん統計データ

肺癌の統計データ

日本人の肺がんの患者数は、全がん種のなかで、男性で3番目、女性で4番目に多いがんです。また、40歳代後半から増加して高齢になるほど多くなり、特に男性は女性の約2倍、罹患数が高くなっています。

罹患数は増加傾向にありますが、近年では喫煙率の減少に伴い「扁平上皮がん」は減少傾向にあるのですが、逆に「腺がん」の患者数が増加しています。

この事からも近年の肺がんの罹患数増加の原因は、「腺がん」の増加にあることは明白です。

肺癌の死亡要因

肺がんは癌による死亡原因の第1位です。

大きな特徴のひとつとして、自覚症状に乏しいことがあげられます。他のがんなどの病気のように、早期には特徴的な症状がみられません。多くの場合で、進行するまで無症状のため、早期発見も困難になります。

また、肺にできた癌は他の臓器や組織に転移しやすい特徴があります。

肺がんは全身のどの部位にも転移する可能性がありますが、周囲のリンパ節への転移、また脳・骨・肝臓などへ転移するケースが多いです。

肺がんは発症率が高いだけでなく転移もしやすいので、死亡原因の第1位となっています。