肺がんの治療 - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

肺がんの治療

肺がんの治療法には「外科療法」、「放射線療法」、「化学療法」の3つに分けられ、肺がんの種類や進行度、転移の有無により選ばれる治療法が異なります。

1.外科治療

右肺は上・中・下葉の3つ、左肺は上・下葉の2つの部屋に分かれており、一般的には腫瘍が出来ている肺葉を切除します。腫瘍の広がりや患者様の状態により大きく、または小さく切除することもあります。

手術の際、リンパ節への転移の有無を調べるため、リンパ節を切除するリンパ節郭清を行ないます。非小細胞肺がんの場合は、Ⅰ~Ⅲ期の一部が手術の対象となり、小細胞肺がんの場合は、進行が早いため診断された時点で身体の広範囲に広がっていることが多いため、手術を行なうことが出来るのはほんの一部になります。

肺を切除することにより、痛みや、痰の増加、息切れ、肺炎など様々な合併症を引き起こす可能性があります。

2.放射線治療

肺がんの放射線治療には、積極的に行なう治療と補助的に行なう治療の2つに分けられます。

積極的に行なう治療では、手術の対象とならないⅠ~Ⅲ期の非小細胞肺がん、限局型の小細胞肺がんが対象になります。また小細胞肺がんは脳へ転移することが多いため、それを防止する為に放射線治療を行なうこともあります。

補助的に行なう治療では、Ⅳ期の非小細胞肺がん、進展型の小細胞肺がんに対して行われ、痛みや呼吸困難、骨・脳、リンパ節転移による首や顔の腫れを緩和する目的で行なうことがあります。

放射線治療の副作用は、放射線をした部位やその周辺に起こり、肺炎や食道炎、やけどのような症状を起こすことがあります。

3.抗がん剤による化学治療

抗がん剤による化学治療は、手術や放射線治療の局所的な治療法に対して、静脈注射、点滴静脈注射、内服によりがん細胞を死滅させたり、増殖を抑制するための全身治療のことをいいます。

残念ながら抗がん剤だけでは肺がんを治癒させることは困難ですが、腫瘍の縮小、進行を抑えたり、肺がんによって起こる症状の緩和、延命効果は期待できます。

小細胞肺がんは進行が早いため、手術が出来る場合でも、抗がん剤治療を併用されることがほとんどです。また非小細胞がんと比較し、抗がん剤治療の効果が高いため、抗がん剤治療が中心です。

非小細胞肺がんは、病期に応じて手術や放射線治療と併用したり単独で行なう場合もありますが、小細胞肺がんと比較し抗がん剤が効きにくいという特徴があります。

(1)非小細胞肺がんに対して用いられる主な抗がん剤

主な抗がん剤の種類 主な副作用
シスプラチン(ブリプラチン・ランダ・プラトシン) 吐き気、嘔吐、倦怠感、食欲不振、脱毛、発疹、ほてり、貧血
カルボプラチン(パラプラチン) 嘔吐、食欲不振、脱毛、倦怠感、下痢、口内炎、末梢神経障害
パクリタキセル(タキソール) 吐き気、嘔吐、脱毛、食欲不振、口内炎、末梢神経障害、間質性肺炎
ドセタキセル(タキソテール、ワンタキソテール) 骨髄抑制、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、脱毛
ゲムシタビン(ジェムザール) 骨髄抑制、食欲不振、吐き気、嘔吐、便秘、下痢
イリノテカン(カンプト、トポテシン) 貧血、下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、脱毛
ペメトレキセド(アリムタ) 吐き気、嘔吐、口内炎、食欲不振、発疹、倦怠感
イレッサ(ゲフィニチブ) 間質性肺炎、皮膚の乾燥、ひび割れ、肝機能障害、口内炎
エルロチニブ(タルセバ) 皮膚の乾燥、痒み、発疹、下痢
ベバシズマブ(アバスチン) 出血、高血圧、倦怠感、食欲減退
ニボルマブ(オプジーボ) ?間質性肺疾患、重症筋無力症、筋炎、大腸炎、下痢

(2)小細胞肺がんに対して用いられる主な抗がん剤

主な抗がん剤の種類 主な副作用
シスプラチン(ブリプラチン・ランダ・プラトシン) 吐き気、嘔吐、倦怠感、食欲不振、脱毛、発疹、ほてり、貧血
カルボプラチン(パラプラチン) 嘔吐、食欲不振、脱毛、倦怠感、下痢、口内炎、末梢神経障害
イリノテカン(カンプト、トポテシン) 貧血、下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、脱毛
エトポシド(ラステット、ベプシド) 骨髄抑制、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、口内炎、脱毛
シクロホスファミド(エンドキサン) 吐き気、嘔吐、発疹、脱毛
ドキソルビシン(アドリアシン) 吐き気、嘔吐、骨髄抑制、食欲不振、口内炎、発熱、静脈炎、心機能障害
ビンクリスチン(オンコビン) 吐き気、嘔吐、神経障害、骨髄抑制
アムルビシン(カルセド) 食欲不振、吐き気、嘔吐・脱毛、口内炎、下痢