肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、症状改善!2016/11/17 - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、症状改善!2016/11/17

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、症状改善!

 

患者様は40歳代の女性の方です。

時々肺炎を起こし、検査を定期的に行われていたそうです。

しかしその後も肺の影はなかなか消えず、定期検診で気管支鏡検査を行なったところ、右下葉の肺腺がんと診断されました。

その後の詳しい検査で左肺に数ヶ所の転移が判られ、抗がん剤治療を始められることになりました。

 

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、症状改善!新フコイダン療法のことは、ご友人様からお聞きになられたとのことです。

とにかく良いと言われていること、出来ることは何でも取り入れたいとのことで、新フコイダン療法もお始めになられました。

日常生活面では、ニンジンジュースを取り入れたり、緑黄色野菜を摂ることを心掛けたりと、積極的に見直せるところから始め、少しずつ前へ進まれているご様子がとても印象的でした。

 

「新フコイダン療法を始め感じたことは咳の量が減ったこと体がとても楽になり、効いていると感じた。」と、とても嬉しそうにお話しくださいました。

また、「新フコイダン療法を始め、初めて自分に合うものと出会った。」ともお話しくださいました。

咳が出たり長く続くと体力が奪われ、お体が重たく感じたり、夜眠れなくなってしまうこともあります。こういったことが少しでも新フコイダン療法を続けられる中で緩和され、感じていただけたことを、私もとても嬉しく思いました。

 

初めてお話をさせていただいた時と比べると、お声の感じはとても明るくなり、お話を続けていても咳き込まれることはほとんどなくなりました。以前は横になると咳がたくさん出て眠られなくなることもあったそうですが、咳がほとんどでなくなり、夜はぐっすり眠られるようになったそうです。またしっかり睡眠が取れるようになったことで、目覚めも良くなり、体が軽くなった喜ばれていました。

少しの変化でも細かくご状況をお聞かせいただけることは、とても嬉しいです。

 


現在の「肺がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『肺がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

肺がん治療の方の専門サイト