肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!2017/03/16 - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!2017/03/16

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!

 

治療との併用で新フコイダン療法を始められた方のお話をさせていただきます。

患者様は70歳代の女性で、お話をお聞かせいただいているのはお嬢様です。

 

ご病状は肺がんの扁平上皮がんで、リンパに転移があり、ステージⅢと診断されています。

当初は風邪との診断で様子を見られていたそうですが、微熱が続き、検査を受けたところ、肺がんと判られました。

肺がんと診断されたことから、精神的に大きなショックを受けられ、食事が食べられなくなったり、1日のほとんどを寝て過ごされることも多かったそうです。

心配されたお嬢様が治療と併用で出来ることを探されていたときに、新フコイダン療法をご存知になられ、すぐに取り入れたいとのことで治療開始するよりも少し早くに始められました。

 

肺がんで新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!新フコイダン療法を始められ半月ほど経たれた時に、「食事を美味しく食べられる、味もわかると言っており、喜んでいる。また座って過ごすことが多くなった。」とお聞きしました。

お問い合わせいただいた当初は、口の中が苦く食事も美味しく食べられなかったり、

体も疲れやすく横になっていることが多いとお聞きしていたので、少しでも変化を感じていただけたことをとても嬉しく思いました。

 

また抗がん剤投与後からは痛みも緩和され、主治医の先生からはそんなに早く抗がん剤の効果は出ないよ…と言われたそうです。

治療前から新フコイダン療法を取り入れたことで低下していた体の働きが良くなり、併用することで早々に痛みが緩和されることに繋がったのかなと思っており、患者本人もとても喜んでいる。まだまだ頑張ろうと意気込んでいる。新フコイダン療法を取り入れたことで、本人に希望を持たせてくれ、笑顔を見る機会も多くなった。」とお話しくださいました。

 

日常を過ごされる中で、ご本人様の笑顔が増えたとお聞きした時は、本当に本当に嬉しく思いました。またがんに対しても直接的な働きはもちろんですが、お気持ちの面でもお役に立てたのかなと思うと嬉しく思いました。


現在の「肺がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『肺がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

肺がん治療の方の専門サイト