肺がん疑いの心配から、新フコイダン療法を補完された方2017/09/20 - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

肺がん疑いの心配から、新フコイダン療法を補完された方2017/09/20

肺がん疑いの心配から、新フコイダン療法を補完された方

 

「実はまだ癌ではないのですが、私は肺癌予備軍です。このまま肺がんになるのを待つというのは嫌なので、新フコイダン療法を取り入れてみようと思っています。」

この方は、咳と痰がなかなか治まらず、病院を受診したところ、肺に影があると言われ、詳しく調べたそうです。

肺がんの可能性が極めて高いが、まだ確定できるほどの大きさではないため、慎重に経過を観察し、時期が来れば治療を始めましょうと説明を受けたそうです。

幸いとても早い段階で病院を受診できたので、次回の病院まで新フコイダン療法を取り入れて、少しでも良い状態になっていればと言うことでした。

 

肺がん疑いの心配から、新フコイダン療法を補完された方新フコイダン療法を初めてから、咳や痰が徐々に治まってきて、体調が良いと感じるとお聞きしました。

2ヶ月後には咳も痰も気にならなくなり、検査の結果では、影もなくなり、癌予備軍と思われていた所はほとんどわからない位になっていたそうです。

今後も慎重に経過観察は続けていくそうですが、ひと安心しましたと電話でお聞きして、私も安心しました。

 

肺癌は検査を重ねて治療方法を決めることが多く、治療開始まで時間がかかることが多いと多くの相談者様からお聞きします。

治療開始までの期間がとても長く感じ、不安に思われる方も多いと思います。

新フコイダン療法は癌に対しての働きや免疫調整の働きを補完するだけでなく、皆様の不安を少しでも取り除き、前向きになるお手伝いができるということを改めて感じました。

 

がん改善は簡単なことではないですが、治療とプラスで新フコイダン療法を補完することで、より良い方向へと導く助けになればと思います。

 


現在の「肺がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『肺がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

肺がん治療の方の専門サイト