再発予防と副作用軽減を目的に、新フコイダン療法を始めた肺がんの方2017/11/27 - 肺がん治療|フコイダン療法など最新・最先端治療の肺がんNavi

再発予防と副作用軽減を目的に、新フコイダン療法を始めた肺がんの方2017/11/27

再発予防と副作用軽減を目的に、新フコイダン療法を始めた肺がんの方

 

肺がんの手術後の再発予防と治療での負担を少しでも軽減すること目的に、新フコイダン療法を取り入れられた方をご紹介させていただきます。

 

患者様は60歳代後半の男性の方です。

検査で肺の右下葉に2cm弱の腫瘍があり、細胞の種類は腺がん、当初は肺がんステージⅠaと診断。

その後手術を受けられ、病理検査で肺周辺のリンパ節に2ヶ所の転移が判り、ステージⅡaと診断されました。リンパへの転移が確認され、念のため抗がん剤を行なうことになり、今後の再発予防と治療での負担を少しでも軽減すること目的として、新フコイダン療法を始められました。

以前にご身内の方がフコイダンを飲用されていたこともあり、今回ご自身ががんになられ、ご自身のお身体に一番必要な成分が、3つの成分を合せてしっかり摂ることが必要だと思い、新フコイダン療法に決められたとのことでした。

 

https://hai-gannavi.com/治療を始められてからは、「しゃっくりや、頭が重いなどの副作用はあるが、日常生活に大きな支障はなく、体調も良い。治療を中断することなく、進められているので良いのかなと思っている。」とお話しいただきました。

 

3ヶ月の抗がん剤治療を終えられ、現在は経過観察になられています。

肺がんと診断されてから、丸1年を迎えられていますが、定期検診でも全く異常はなく、お元気に過ごされています。

ご自宅では家庭菜園をされているそうで、お仕事へ行かれる前に、お手入れをしてから出かけられることが、元気の源だとおっしゃられています。

 

好きなことを続けながら、日常生活で出来ることと新フコイダン療法で再発予防をしっかり行い、これからも元気にお過ごしいただければ、嬉しいなと思いました。

 


現在の「肺がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『肺がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

肺がん治療の方の専門サイト